新北投温泉の泉質は硫黄泉です。皮膚の角質層を柔らかく、かゆい止め、毒を排出することができるそうです。皮膚の老化を遅くすることで、皮膚の湯と言われています。泉質が優れているので、台湾で一番早く開発された温泉となります。

新北投温泉はの源は新北投駅から約1KMくらい離れている地獄谷であります。

台北ゲストハウスー北投天然温泉2

源から下まで流れて、その1KM の周辺はおよそ何十軒の温泉ホテルがあります。その中にいくつ厳選したベストチョイスをお勧めします。

安い一位:千禧湯(Millenium Hot Spring)

価格:TWD40元(2014/12/05)

台北ゲストハウスー北投天然温泉3

千禧湯は政府が管理しているので、価格は安く設定し、皆さんが気軽に入れる温泉です。混浴ですが、水着が必要です(えぇぇ><)。日本人は慣れないかもしれませんが、男女共に楽しめるのがいいです。地元の人と少し外国人が見られます。ここを知っている外国人はすごいですね。やっぱり台湾旅行の達人です。

中に温泉は三つプールがあります、室温の冷水は二つあります。温度がそれそれ違います。最初は低い温度に試して、続いて高い温度に挑戦してみよう!僕は5~10分くらい熱い温泉に入ってから、冷水に入るのが好きです。これは体に刺激し、循環に良いそうです。

外はいい景色です。

台北ゲストハウスー北投天然温泉4

台北ゲストハウスー北投天然温泉4

歴史のある一位:瀧乃湯

価格:TWD100元(2014/12/05)

台北ゲストハウスー北投天然温泉6

瀧乃湯は裸湯です。100年以上前日本時代に建てられて、皇太子が台湾に尋ねるたびに必ず行く温泉だそうです。温泉が日本人が好きな高温度に設定しています。中は昔のまま、古く感じるかもしれないが、歴史が感じられます。

贅沢一位:加賀屋

価格:TWD1200元(2014/12/05)

加賀屋台北は能登半島にある加賀屋の台湾支店です。裸湯です。もちろん泉質が優れている新北投温泉を選択する。設備はもちろん、サービスも言うことはありません。ホテルの中に、高そうな能登半島の芸術品:輪島塗、九谷焼、金箔が並んでいる。贅沢な温泉に入りなら加賀屋です。

コストパフォーマンス一位:百樂匯(Broadway Hotel)

価格:TWD350元(2014/12/05)

百樂匯はホテルの中にある温泉です。裸湯です。いくつ温度の違い温泉があって、室温の冷水、サウナ等の設備もあります。お得な切符はあります。10枚買ったら1枚280元になります。一枚だったら350元でちょっと贅沢なひと時を過ごせるのはうれしい^^

おすすめ時期:10月~4月涼しい、寒い時期

向いている人:温泉好きな人

値段:40元~1200元

交通手段:

新北投駅から徒歩3~7分